二十四の瞳映画村 ギャラリー松竹座映画館

1994年に建設された「松竹座」が、木下恵介監督の生誕100年、壺井栄の小説「二十四の瞳」の原作発表60年の節目となった
2012年に、昭和の映画館の面影が漂うレトロな「ギャラリー松竹座」としてリニューアルしました。

二十四の瞳映画村 ギャラリー松竹座映画館

  • 二十四の瞳映画村 ギャラリー松竹座映画館
  • 二十四の瞳映画村 ギャラリー松竹座映画館
  • 二十四の瞳映画村 ギャラリー松竹座映画館
  • 二十四の瞳映画村 ギャラリー松竹座映画館

昭和30年代の映画全盛期の映画館の雰囲気を再現したタイル張りの館内

昭和30年代の映画全盛期の映画館の雰囲気を再現した
タイル張りの館内

往年のスター達のブロマイドが飾られるなか、現在の映画業界に影響力をもつ映画監督山田洋次や三國連太郎、北大路欣也、小林稔侍、黒木 瞳、柄本 明、市村正親、岸部一徳ら俳優陣の味のあるコメントを展示しています。

また、昔のままに再現された切符売り場では、個性のある切符切りが映像で登場します。

木下惠介監督・高峰秀子さん主演の映画「二十四の瞳」を常時上映

木下惠介監督・高峰秀子さん主演の映画「二十四の瞳」を
常時上映

映画館館内は40席。車椅子でも入れます。
ゆったり観れる空間として大型スクリーンで時間の許す限り、日本映画の素晴らしさをご堪能下さい。

木下惠介監督・高峰秀子さん主演の映画「二十四の瞳」を常時上映

映画村コンテンツ